印度武術王国

いまだ知られざるインド武術について紹介

Sree Bharath Kalari / Kannur

f:id:Parashraama:20190611174348j:plain

マスター:S.R.D. Prasad Gurukkal(上写真左、下写真左上)

https://www.facebook.com/SreeBharathKalarikannur/

c/o Shakti Bhavan,Post Chirakkal, Kannur 670011 Kerala, India

Ph:0497-775814

f:id:Parashraama:20190611173837j:plain

f:id:Parashraama:20190611173924j:plain

f:id:Parashraama:20190611174001j:plain

f:id:Parashraama:20190611174026j:plain

沿革:1948年Chirakkal T.Sreedharan Nair グルッカルによって設立される。現在は弟子のPrasad グルッカルがチーフ・インストラクターを務める。

先に紹介したKKAカラリとは対照的に純ローカルな道場。取材に訪れた日も多くの地元の子供達が稽古にやってきていた。プラサード師は英語も達者で洒脱なインテリ。カラリパヤットの歴史や技術的な話で盛り上がった。

ルッカルも通いで教えに来るので、生活感は少ない。外国人用のゲストハウスもないので、修行する場合は近在のロッジなどに泊まって通う事になる。詳細はFacebookページから問い合わせの事。

アクセス:カヌールのバス・スタンドからTalipparamba方面行きの市バスに乗ってChirakkal Junction下車。歩いて数分。

カヌール市内の交通は市バス、近郊・長距離バスともによく整備され本数も多い。移動の基点は私営のCentral Bus Stand。

現地道場を見学したい場合、取りあえずの宿泊先としては、鉄道駅周辺に安宿が集中する。ただ、外国人お断りの宿も多い。

昨今ではExpediaなどで探せば、ある程度設備の整った中級ホテルが見つけやすいだろう。

節約派にお勧めの安宿は、駅から3分Centaur Tourist Home。広々とした部屋は清潔で、チェックインや領収書の発行など、気持ちいいほどにきちんとした仕事ぶりだった。

市街中心部の様子は、ちょっと取り澄ました都会風。最新のショッピング・センターと昔ながらのバザールの対比が著しい。 

一歩市街を離れると古くからの住宅の赤瓦屋根が豊かな緑の中に点在し、マラバール海岸地方独特の風情を醸し出している。ビーチも比較的近い。

この地域では湾岸諸国から輸入されたSyavarmaというカバブが大人気の名物料理となっていて一度は試してみたい。

 

 

 

 

印度武術王国トップ ©Since 2005. サンガム印度武術研究 All Rights Reserved. 次へ

 

インド武術参考書籍

画像をクリックするとAmazonの詳細ページへ 

   

 

サンガム印度武術研究所・公式アカウント